Archive for 5月, 2014

賃貸と分譲の違いを知ろう

マンションについて知らないことや疑問に思うことは多く、賃貸と分譲の違いに困惑しているという方もいるようです。同じマンション、同じ建物なのに賃貸と分譲があるのはどうしてだろうと不思議に思う方が少なくないのです。 大まかに分けると、賃貸とは家賃を払って住む物件を意味します。毎月決まった金額の家賃を払ってそこで暮らすわけです。分譲とは売り出された物件を意味します。マンションの一室を購入するというわけです。 そして先ほど話した、なぜ同じ建物なのに賃貸部分と分譲部分があるのかということですが、よくあるパターンとして生涯そのマンションで暮らすつもりで分譲マンションを購入したけれど、転勤やそのほかの理由で引越しを余儀なくされたなどの場合、分譲で購入したマンションの一室を売りに出さずに誰かに貸すという場合があるのです。そのため、分譲マンションと賃貸マンションが一緒の建物に入っているという状況が生み出されるわけです。 マンションによっては、はじめから賃貸部分と分譲部分に分けられている場合もあります。これはそのマンションのオーナーの意向による場合や、オーナーが複数いることなどが理由になっていることが多いようです。

No Comments

分譲を買うべきか賃貸にするべきか

よくマンションなどが分譲されている事があります。高いお金を支払ってマンションに住む権利を得ているのですが、お金を払う分なら賃貸でも構わないのでは、と考える人もいるでしょう。分譲と賃貸の違いが分からないとそう思ってしまうのも無理はありません。分譲と賃貸の違いとして、分譲はその一室を自由にできる権利があるという事です。賃貸は借り物なので、汚したり、傷つけてたりしてしまうと大家さんに怒られてしまいます。その点で分譲は気楽といえそうです。 しかし分譲で購入したからといっても、何もかもを自由にできるという訳ではありません。大音量の音楽を流してしまうと周辺の部屋の人達に迷惑をかけますし、マンションの外観にペイントなどをしようとすると、購入契約書には周囲の景観を損なうと契約破棄などの注意書きが書かれていたりするので、自由の意味を勘違いして人に迷惑をかけないようにしたいところです。 どちらにせよ節度を守らないといけない部分は出てくるるので、分譲よりも賃貸の方が気にいらなければ気楽に引越しが出来ると感じる人もいます。賃貸にせよ分譲にせよ、人付き合いは非常に重要です。人間関係で折角の暮らしを損なわないようにしましょう。

No Comments
Rss Feeds